国際会計基準

国際会計基準について語る

国際会計基準とは?基本的な事から知っていこう!

国際会計基準(IAS International Accounting Standards)は、
国際会計基準委員会(IASC International Accounting Standards Committee)により
設定された財務会計に関するルールです。

 

なお、国際会計基準委員会が組織改正よって設立された
国際会計基準審議会(IASB International Accounting Standards Board)による

 

国際財務報告基準(IFRS International Financial Reporting Standards)
に含まれることもあります。ルールにはいくつかの指針があり、

 

主に財務諸表の作成と表示のついての国際的に決められた基準を指しています。

 

国が財務報告などを行う際、国それぞれの基準を設けていたために
会計処理の方法が違います。

 

よって国同士で比較するには客観性が損なわれることから
世界基準を持って会計表記をしていこうとするもので、
この基準を導入しているのは現在およそ100カ国とされます。

 

日本においては国際会計基準は2007年に採用が合意しています。

 

この基準は、財務諸表の作成および表示に関するフレームワーク、
国際会計基準書、解釈指針委員会解釈指針等で構成されます。

 

2006年には、政府より国際財務報告基準の適用に向けた
ロードマップが公表され、着々と取り組みが始められています。

 

企業では対応するのに慎重な姿勢をとるところが目立ちますが、
将来は上場企業を中心に強制適用が行われるとの
見通しがなされているようです。

 

グローバル化が進む中、より効率的に対応できるかどうかも
企業の手腕とされるのではないでしょうか。

 

国際会計基準について理解をし、適応開始に備えてみませんか。

 

PR 広告 森田良二 京都 http://ameblo.jp/ryoji1206/

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ