国際会計基準 必要性

国際会計基準の必要性はどのぐらいあるのか?

国際会計基準の必要性はどういう時にある?

国際会計基準は必要性がある基準であると言われています。
なぜ、このように重視されているのでしょうか。

 

世界各国では、その国々で会計基準を設け、
自国だけの財務処理を行えば問題ありませんでした。

 

しかし、近年、経済もグローバルの波が押し寄せています。

 

多国籍企業が登場し、個人投資家も海外に向けて投資を行っていることから、
その国だけの会計基準を、違う国の間でも企業情報を比較する必要が高まってきています。

 

これまでは、国がある地域ごとに会計基準を定めていましたが、
もっと範囲を広げた統一基準としての機構が求められるようになりました。
よって、国際会計基準が多くの国で適応されるようになったのです。

 

経済は国によって規模も違いますし、経済に対する意識も違います。
世界的な基準があることで、その企業が持つ情報も有益性が高まります。

 

もし、国際会計基準がないままだと、企業資産や負債、経営の収益など表わす
ルールが一定ではなく、その国でしか通用しないルールに則った情報しかあらず
信頼度に欠けてしまうでしょう。

 

その状況を打破するとされるのが国際会計基準です。

 

国際化の一途を辿る今、企業間の比較が正しく行えるかも
経済活動では大切なことです。

 

それに、自国の基準だけでは何らかのトラブル時に
充分な対応が取れないとの

 

懸念を持つ国や企業もあることから、
国際会計基準の適応が注目を集めているとも考えられます。

 

日本も既に国際会計基準に近づけるよう改正が行われ、
企業にとっては必要性の高まりが一層認識されつつあるようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ