国際会計基準 メリット

国際会計基準のメリットはどこにある?

国際会計基準のメリットはどこにある?

国際会計基準は世界的な基準となるルールで、
違う国の企業間で経営情報や企業情報を検討するには利便性が高いとされます。
採用するにあたり、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

第一のメリットとして考えられるのが、
様々な会計表記で作成されますから、
比較するのが容易になる点です。

 

これまでは各国で財務処理が行われていましたので、国同士、
あるいは企業同士で比較するには基準値が違うことで

 

手間がかかってしまい、スムーズに行えない要因となっていました。
しかし、国際会計基準を適用すると同じ基準の下で会計表記がされます。
比較が簡単に行え、時間も手間も削減できることに繋がるでしょう。

 

2つ目のメリットは、資金調達のコストが小さくなるということ。

 

実は国際会計基準を適応させるには
経理システムなどを移行させるといった手間が掛かります。

 

しかも、管理法など複雑な対応の変更も求められ、
中小企業などでは採用するにはかなり大きな負担になることもあるでしょう。

 

ですが、世界共通のルールに沿った内容にすることで透明性が高まり、
信頼性も増すという利点があります。

 

それは、資金を提供する側も安心して出資できることに繋がります。

 

導入するには決して負荷の小さな仕組みではありませんが、国際会計基準は
より信頼性の高い取引を行えるようになると期待されています。
グローバル化に対応するには必要とされるルールです。

 

どんなメリットがあるのか、よく調べてみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ