国際会計基準 準備

国際会計基準の準備はめちゃくちゃ大変です!

国際会計基準の準備は結構大変なんですよ!

国際会計基準の準備

 

国際会計基準の適用には様々な準備が必要とされます。
会計基準が自国から世界基準へと変わるのですから、

 

企業内の業務システムを変更せねばならず、経理を始めとして
管理、販売、出荷などのシステムも変えていくことになります。
導入することで国際会計基準に関する知識を学ぶ必要性が高まるでしょう。

 

収益認識や業務に関するプロセスに大きな影響を及ぼすことが考えられますので、
企業のシステムに熟知した人材の確保も重要になります。

 

それから、国際会計基準が適用されることが決まっても、納税対策として
これまでの日本基準が維持されることから、企業の帳簿は国内会計基準のものと
国際会計基準のものの二つを持たなければならないとされています。

 

これは、世界基準にすることで違う国の企業間で比較するのを容易にしたり、
企業実態を正確に伝える役割を持っているルールであることと、
各国の税務対策とは全く切り離されているのに由来しています。

 

帳簿を二つ持つことで業務に掛かる負担も考えておくことが必要です。

 

そのため、企業内の情報システムをチェックし、
強化しておくことも考えておきましょう。

 

国際会計基準に導入で、システムが大幅に変更になるのは確実といえます。

 

場合によっては企業戦略の見直しも大切になり、将来に向けて
柔軟な対策を取り入れることになるかもしれません。

 

国際会計基準採用に向けて、情報システムの基盤を改新させるチャンスだと捉え、
万全の準備をしておくようにすることをお勧めします。


ホーム RSS購読 サイトマップ