国際会計基準 基本的な部分

国際会計基準を地味な所から学ぶ

国際会計基準を基礎的な所から学んでおく

国際会計基準は、日本においては現時点で任意運用されています。
しかし、2015年には強制適用されるのではないかとの展望がなされ、
少しずつ準備が行われている段階にあるようです。

 

日本では導入に向けてロードマップが示され、
対応策についても活発に議論が繰り広げられています。

 

日本基準と国際会計基準では違いがありますから、
相違点を無くすためのすり合わせも行われています。

 

それと同時に、国際会計基準を理解し、実際に財務報告が出来る人材の
育成も重視されているようで、併せて経理のプロフェッショナルを
育てることも大切だとの見識が持たれています。

 

また、報告などは英語で行われます。

 

日本基準では日本での表記となりますが、国際会計基準では
英文での作成となりますから、英語力をアップさせるのが必須です。

 

よって、英文での財務報告が可能になるよう、
会計士に関連する資格を取得する動きがあるようです。
入門編となるのが、英文財務諸表などが分かるようになる英文会計です。

 

国際化に対応するべくアメリカの会計理論を学び、財務諸表や税務申告書
資産活用、経営判断などの知識を習得できる資格です。
米国公認会計士も注目されている資格です。

 

アメリカの公認会計士資格の合格を目指すもので、
連邦税法、米国商法などの学習が必要になります。

 

さらに、国際会計基準のセミナーも日本各地で
最近では開催されているようですね!

 

通信講座や専門学校でも関連するコースを設けている所もありますから
、国際会計基準を基礎から学びたい方は受講するのも良い方法ですよ!


ホーム RSS購読 サイトマップ